2008年12月16日

投球ラインのイメージを頭に描いてから投球する


構えに入った時に、必ず自分がこれから投げようとする投球ラインを頭に思い描いてから投げる様に習慣付けましょう。そして投げ終わった後も、狙ったスパットを通ったか、思い通りの投球ラインを進んだか、ボールがピンに当たるまで、よく見ておいてください。

自分のイメージと、実際の投球ラインが合っていれば良し。ズレが生じていてもそれを毎回きちんと認識する事によって、だんだんコントロールが定まって来るはずです。

間違っても "外れる…", "ガターに落ちる…" というイメージは持ってはいけません。悪いイメージを持っていると、そのとおりになってしまうことが多いものです。"ストライク!" "スペア!" "当たる!" "取れる!" と思い込んで投げましょう。



にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村
ブログランキング 投票ボタン



ブログランキングならblogram
blogram
ブログランキング 投票ボタン



ボウリング・ダブルエックス のショッピング

最寄りのプロショップに置いていない ボウリング・グッズ は、
ここで探してみてくださいね。きっと見つかるはずですよ。

ボール シューズ バッグ その他グッズ

システム協力 楽天市場 様










ラベル:ボウリング
posted by GX-9901-DX at 23:48| Comment(0) | AV.100以上を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。