2009年04月29日

ボールは離す様に投げる

「ボールはフィンガーとサムの間で、はさむ様に持ちましょう。そしてリリースの瞬間にパッと離す様なイメージです。この様なイメージを持って投球すると、腕に必要以上の力が入る事無く、リリースの瞬間にフィンガーにボールが程良くかかり、良い結果となる事が多いです。逆にひっ掴んでブン投げるというイメージで投球すると、だいたいはろくな結果にならないものです。」

「関西オープン」で司会をされていた方のお言葉に尾びれを付けると、こんな感じです。

同じような話を、ドリラーさんに聞いた事があります。市販の教本には載っていませんが、上級者の間では常識となっているコツの一つです。






にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村
ランキングサイト ボウリングカテゴリー
ぜひご覧ください。
ラベル:ボウリング
posted by GX-9901-DX at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | AV.130以上を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。