2009年05月06日

ストライクが来なければ投球ラインを変えてみる

あなたがもし AV.170以上 の腕前の方なら、ポケットにボールが命中し続けているのに、ストライクがほとんど来ないと感じた事があるかと思います。

こういう時は、スパット固定で立ち位置を右に左に微調整するのではなく、思い切って通すスパットを変更して、投球ライン自体を変えてみましょう。今まで二番スパットを通していたのなら、一番スパットや三番スパットを通すラインに変えてしまうのです。

ロールアウトが解消されたり、ポケットへの入射角が変わったりして、ストライクが出る様になればしめたものです。ただし、ポケットに集める事が難しくなる様なら、元の投球ラインに戻してください。






にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村
ランキングサイト ボウリングカテゴリー
ぜひご覧ください。
posted by GX-9901-DX at 09:19| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | AV.150以上を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。