2009年05月24日

ドライ用ボールからポリエステルボールに換えるタイミング

かなりのドライレーンで、1投目をドライコンデション用ボールからポリエステル製ボールに換えるタイミングは、なかなか難しいものです。

先日、15枚目より外側に全くオイルを感じない、かなりのドライコンデションに出くわしてしまいました。もう少しドライコンデション用ボールを引っ張る事が出来るかな?と思いつつも、実験を兼ねてポリエステル製ボールだけで1ゲーム投げてみました。結果はスプリットが3回も出てしまい、ストライクも単発の3回しか来ず、150点台となりました。

やはり、15枚目から外に膨らませるインサイドアングルになっても、なんとかストライクポケットにボールを持って行けているうちは、ドライコンデション用ボールで引っ張った方がいいと思います。ただし、人によってはインサイドアングルが苦手でな場合もありますから、それぞれの判断で良いと思いますが…。

どこへ投げてもストライクポケットより左側にしかボールを持って来れなくなったり、ロールアウトばかりになったら、尋常ではないドライコンデションと判断して、ポリエステル製ボールの出番とすれば良いでしょう。






にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村
ランキングサイト ボウリングカテゴリー
ぜひご覧ください。
posted by GX-9901-DX at 07:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | AV.170以上を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。