2009年06月13日

ボウリング場はネットの有効活用を(ホームページ編)

ボウリング場は、いまいちネットの有効活用が出来ていないところが多いと思います。

まず、ホームページすら持っていないボウリング場がたくさんあります。私がホームにしているボウリング場も、ホームページを持っていません。数年前まではあったのですが、経営者が変わって無駄と見なされて廃止となったと聞いています。

これでは団体予約が入って貸切りとなっていても、他のお客さんは知る術がありません。土曜日のいつもの時間帯に行ってみたら、満員で断念せざるを得なかったという事が多々起こります。以前の様にホームページがあって、試合の日程や団体予約の状況が、こまめに更新されていれば、無駄足を踏む事も少なくなるのに…といつも思ってしまいます。

個人的には、ボウリング場がホームページ持っている事の意義は大きいと思います。特に最近の若い世代の人達は、事前にホームページで下調べを行ってからお店にやって来るというパターンが結構多いと思いますので、ホームページが公開されていれば、少し離れた地域からの集客も見込めたりします。また、フリータイムコンパ, 試合, ボールの入荷状況 等の情報をリアルタイムで発信できたりもして、営業的な効果も見込めます。どれだけ手を掛けるのかによって、効果の程も変わるでしょうが、ホームページを持っていて損はないと言えるでしょう。

費用はプロバイダ契約料金が 2000[円/月]程度 から(ADSL方式の場合)、パソコンも 5〜10万円程度 からありますので、投資額としては問題になるレベルではないでしょう。

むしろ問題になるのは、ホームページの更新を誰が行うかという事です。通常のホームページを作成して運用していくには、HTMLに関する知識を付けるか、ホームページ作成ソフトを覚える必要があります。従業員にパソコンが得意な人がいないボウリング場にとっては、少し敷居が高いかもしれませんね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村
ランキングサイト ボウリングカテゴリー 投票ボタン
エントリーされているブログには、他にもたくさん面白いものがありますよ。
はたして今日の順位はいかに…? ぜひぜひご覧くださいね。



ボウリング・ダブルエックス のショッピング

最寄りのプロショップに置いていない ボウリング・グッズ は、
ここで探してみてくださいね。きっと見つかるはずですよ。

ボール シューズ バッグ その他グッズ

システム協力 楽天市場 様






posted by GX-9901-DX at 08:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ボウリングと経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。