2009年08月25日

新型合成レーンで維持費を低減?

レーンの維持費を低減できる、新型合成レーンの御提案(妄想)を致します。

現在主流である合成レーンは、ファウルラインからピンデッキまで、均一の素材で出来ていると思いまが、これを、ファウルラインから40フィート辺りまでを、もっと摩擦係数が低い素材に変更してしまうのです。40フィートより奥はこれまでと同じ素材です。

こうする事で、毎日オイルを塗布しなくても、手前はボールが走って奥はボールが曲がるコンデションを、長く保つ事が出来ると思います。定期的にクリーニングは必要でしょうが、オイルを塗布する回数を大幅に減らして、レーンの維持費を抑える事が出来るかと思います。極端に言えば、レーンにオイルを塗布しなくても、尋常でないドライコンデションになる事なく使用可能です。

摩擦係数が違う素材を数種類用意して、横方向にも素材を変えれば、レーンメンテナンス直後に似た様なレーンコンデションを、作りあげる事も可能でしょう。

ただし、問題点もあるかと思います。

まず、そんなに摩擦係数が低くて耐久性もある素材を開発できるのかという事です。もう一つは、やはりオイルを塗布しなければ、刻々と変化するレーンコンデションに対応していくというスポーツボウリングの醍醐味が無くなってしまうという事です。主にプロボウラーやマイボウラーの使用を前提としたレーンでは、量や回数は低減できたとしても、これまでどおりにオイルを塗布する事となるでしょう。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村
ランキングサイト ボウリングカテゴリー 投票ボタン
この記事を読んで、おもしろかった, ためになった,
次も読んでみたい 等 と感じた方は、ぜひクリック
してくださいね。ブログ村 ボウリングカテゴリー に
エントリーされているブログには、他にもたくさん
面白いものがありますよ。ボウリング・ダブルエックス
の順位はいかに…? ぜひぜひ今日もご覧くださいね。



ボウリング・ダブルエックス のショッピング

最寄りのプロショップに置いていない ボウリング・グッズ は、
ここで探してみてくださいね。きっと見つかるはずですよ。

ボール シューズ バッグ その他グッズ

システム協力 楽天市場 様






【関連する記事】
posted by GX-9901-DX at 22:42| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。