2010年04月19日

ドライコンデションで10ピン残りを減らすには?

「ところで先日の合同訓練での話だが、なぜ貴様は苦手なはずのドライコンデションで、第2ゲームを 189点, 第3ゲームを 190点 と、まとめる事が出来たのだ? いつぞやの職場ボウリングリーグでもそんな事があったな? どうせいんちきな手を使っているのだろう? そろそろ種明かしをしてもらおうか。」

「大佐殿、私はいんちきをしているわけでは無いであります。初めの10ピンへの投球で、これは曲がり過ぎてスペアを採るのに苦労するなと感じましたので、出来るだけ10ピンが残らない様に、一投目を1番ピンに対してやや厚目にヒットする様に心掛けたからでございます。」

「なに、それだけか? それだけの事で、10ピン残りは減るのか?」

「統計を取った事はございませんが、私の場合は確かに10ピン残りが半減していると思います。」

「ては、いつでも厚目に狙えばいいのではないか?」

「そんな都合良くは参りません。10ピン残りが減ると同時に、ストライクは何割か減ってしまいますし、スプリットも少し増えてしまいます。これは、10ピンが残ってしまったら、スペアがなかなか取れないと判断した時だけの手段でございます。」

「世の中、美味しい話ばかりでは無いという事だな。」

「私の場合は、10ピンを取るのが困難な砂漠コンデションやかなりのドライコンデションの時にのみ有効かと考えています。こういったレーンコンデションは、ちゃんとした試合ではまずありえないのですが、日々の練習や会社のボウリング大会では、良く出くわすでありますよね?」

「私は 10ピン残り が 1番ピン, 5番ピン残り よりもはるかに得意なので、貴様の話は参考にならない。」

「大佐殿は、野球ならば 悪球打ち に分類されると思います…。」


ボウリング・ダブルエックス のショッピング

最寄りのプロショップに置いていない ボウリング・グッズ は、
ここで探してみてくださいね。きっと見つかるはずですよ。

ボール シューズ バッグ その他グッズ

システム協力 楽天市場 様



にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村
ランキングサイト ボウリングカテゴリー 投票ボタン
この記事を読んで、おもしろかった, ためになった,
次も読んでみたい 等 と感じた方は、ぜひクリック
してくださいね。ブログ村 ボウリングカテゴリー に
エントリーされているブログには、他にもたくさん
面白いものがありますよ。ボウリング・ダブルエックス
の順位はいかに…? ぜひぜひ今日もご覧くださいね。











posted by GX-9901-DX at 23:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | AV.170以上を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。