2010年07月20日

職場ボウリングリーグ 2010 第7戦 (大佐殿解説 編)

「最後に、職場ボウリングリーグのスーパースター、おなじみの ボウリング大佐選手 にお越しいただきました。」

「さて、前座でしゃべっていた他の選手達も帰った事だし、帰りの関空紀州路快速での約1時間、心おきなく私の解説を聞くがいい。」

「大佐殿と私は、自宅が近いので、職場ボウリングリーグの帰りには、いつも選手全員のスコアシートを広げて、試合の解説をしていただいているのですね。」

「たまたま私達の向かいの席や真横の吊革にしがみついて乗り会わせた一般市民達は、一流のボウリング戦士である私の解説を聞く事が出来て、非常に幸運である。」

「…はいはい、早く本題をお願いします、大佐殿。」

「今回も私のソフトボール大会で痛めた足の傷は癒えておらず、前回に引き続き、やむなくジローチェインジ大車輪投げでの戦いとなった。」

「たいそうな技の名前を付けていらっしゃる様ですが、要するに大佐殿はまだ助走が出来ませんから、今はファウルライン前で立ち止まって、腕を数回ぶらんぶらんさせてから投球されているのですよね。」

「第1ゲーム 108点, 第2ゲーム 138点 と、前回の 106点, 139点 に類似した展開。これは前回の第3ゲーム 191点 の再来か?と思われたが、結果的には屈辱の 95点 に終わってしまい、今回は二匹目のドジョウはいなかった。」

「大佐殿、本気で二匹目のドジョウをすくいたいとお考えだったのでしたら、やはり投球前にドジョウすくいの宴会芸をご披露されるべきだったのでは?」

「ドジョウすくい? …エレガントなイメージである私には似合わない踊りだな。しかし使命に徹して勝利を最優先してこそ栄光ある軍人。貴様の進言は、今後のリーグ戦の参考にするかもしれん。」

「楽しみにしています、大佐殿。」

「ところで貴様は今回、新モビルスーツ(マイボール) ROUND1 レーンキャッチャーR を投入した割には、174-139-158 と、冴えない結果であったな。後ろから見ているとボールの回転は十分だったのに、ボール軌道がひと曲がりもしない様に見えたのはなぜか?」

「レーン手前はオイルがちょうど良いくらい入っていてきれいなコンデションだったのですが、ピン前はキャリーダウンがかなり進んでいる様子で、ボール軌道がほとんど曲がりませんでした。5枚目から15枚目までの幅で投球ラインもいろいろと変えてみたのですが、ボール軌道が曲がる投球コースは最後まで見つからず、第2ゲームはボロボロになってしまいました。第3ゲームはボールのスピードをかなり落として5枚目を通す投球ラインでなんとか対処してみましたが、それでもストライクが少なく、難しい残りピンも多く残ってしまったので、スコアを伸ばせなかったのでございます。」

「全く不甲斐ない。貴様は辛うじて素点優勝だけは確保した様だが、そんな事では私の留守を任せる事は出来ん。」

「いや、大佐殿は留守してなくて、ぶらんぶらん投法で投げておられたではありませんか?」

「間違うな、ジローチェインジ大車輪投げだ! 貴様の技に対するネーミングセンス、いまいちの様だな。私をもっと見習うべきだ。とにかくそんな事では、次戦までには回復して 科学忍法 火の鳥 の如く激しく燃え上がる予定である私の敵ではないわ!」

「大佐殿、科学忍法 火の鳥 というのは、有名な自爆技ですよね? 普通に投球出来る喜びではりきり過ぎて、燃え尽きてしまわない様にしていただきたく。私も次回、同じ様なレーンコンデションに出くわした際には、なんとか AV.170 は確保したいと思います。」


◆ボウリング・ダブルエックス 「大佐殿単独訓練 2010.06.09(水) エンターボウル泉大津店」
◆ボウリング・ダブルエックス 「大佐殿が名誉の負傷…」
◆ボウリング・ダブルエックス 「大佐殿 たちまち10フレ〜神秘のちか〜ら〜♪」
◆ボウリング・ダブルエックス 「ハロー今福ボウル」

ボウリング・ダブルエックス のショッピング

最寄りのプロショップに置いていない ボウリング・グッズ は、
ここで探してみてくださいね。きっと見つかるはずですよ。

ボール シューズ バッグ その他グッズ

システム協力 楽天市場 様

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村
ランキングサイト ボウリングカテゴリー 投票ボタン


この記事を読んで、おもしろかった, ためになった, 次も読んでみたい 等 と感じた方は、ぜひクリックしてください。


【関連する記事】
posted by GX-9901-DX at 23:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場ボウリングリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。