2010年09月05日

大佐殿の動じない心

「今回は、私の体験を元にしたひとつの教訓を、全国のボウリング戦士達に話したいと思う。」

「教訓でございますか?大佐殿。」

「そうだ教訓だ。罰当たりの貴様にも特別に聞かせてやろう。」

「楽しみであります、大佐殿。」

「私は先日、思わぬハンデを負いながらボウリング訓練を行っていたのだ。」

「ソフトボール大会で負傷された、左足の事でございましょう?」

「違うな。事態はそんな、痛みさえ根性で堪えればどうにかなる様な生易しいものではなかったのだ。」

「筋肉部分断絶よりすごい事態とは、いったい…?」

「実は、ボウリングの訓練中にパンツのゴムが緩んでしまい、半パンの中はパンツが半分ずれ落ちた状態で投球していたらしいのだ。あえて名付けるならば、パンツのゴム完全断絶!」

「…あの、大佐殿。」

「しか〜し!そんな危機的な状況にも、私の精神は風が無い日の湖面の様に平静さを保っていた。」

「投球に必死で、気が付かなかっただけでございましょう?」

「投球に集中していれば、どんな危機的な状況に陥ったとしても、気持ちが揺らいで成績ががた落ちになる事は無いというありがたい話だ。」

「大佐殿、社会の窓が開いておりますよ。」

「なにい〜!ああっ!これは一大事だあ〜!」

「…やはり、気が付いていらっしゃらなかっただけの様でございますね?」


ボウリング・ダブルエックス のショッピング

最寄りのプロショップに置いていない ボウリング・グッズ は、
ここで探してみてくださいね。きっと見つかるはずですよ。

ボール シューズ バッグ その他グッズ

システム協力 楽天市場 様

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村
ランキングサイト ボウリングカテゴリー 投票ボタン


この記事を読んで、おもしろかった, ためになった, 次も読んでみたい 等 と感じた方は、ぜひクリックしてください。


【関連する記事】
posted by GX-9901-DX at 10:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大佐殿と合同訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。