2010年11月09日

「俺はタコヤキレッド!ボウリング大佐の息子だ!」

「いつも私のボウリング訓練の話なので、今回は私の長男の話をしよう。」

「以前、少しだけお話に出て来ました、タコヤキレッド殿 のお話でございますね?大佐殿。」

「そうだが、今回の記事タイトルな、ああいうのは私の原稿には無かったはずだが…。」


俺はタコヤキレッド!
ボウリング大佐の息子だ!


「あっ、これですか? これは映画でウルトラセブンの息子であるウルトラマンゼロが悪のウルトラマンべリアルと対峙した時に発した台詞です。」

「私は最近のウルトラマンに思い入れが無いのでよくわからんが、少し例えが飛躍し過ぎている様な気がしただけだ。」

「申し訳ありません、大佐殿。」

「まあいい、話を始めよう。私の大学生の息子はマイボールこそ持っていないが、経費削減のためにマイシューズは保有しているハウスボウラーだ。フタバボウル泉大津店に通い、タコヤキレッドを名乗っている。」

「息子さんも大佐殿と同じく、経費削減重視で、レッドが好きなのですね。」

「先日、その息子が6ゲーム投げたら Max.214点, AV.164点, 全ゲーム 150UP.を達成したらしいのだ。さすがは私の息子だな。」

「その最後の台詞は、映画でウルトラセブンが発していた親バカの台詞ですね?」

「息子が言うには、フタバボウルは、ROUND1 と違って簡単ではないらしい。しかし、ハウスボウラーながらレーンコンディションの違いにまで気付いているとは、私にはまだ及ばないが、立派になったな。」

「その最後の台詞も、映画でウルトラセブンが発していた親バカの台詞ですね? 映画を鑑賞されましたね?大佐殿。」

「…青春真っ只中である息子には、フタバボウルのあのイモ姉ちゃんの動画が、本人の実力以上の何かを生み出す根源となっているのかも知れんな。」

「そうかもしれません。」

「提案だが、これまでほぼ互角の戦いを繰り広げて来た私と貴様の決着を、息子同士の対決で付けてみてはどうか? まあ、私の息子の方が、かなり優れているとは思うがな。」

「私の息子はまだ二歳でございますよ…。でも、10歳になったら、ハンデ抜きでお受けいたしますが。」

「貴様の方こそ、相当の親バカらしいな。」


◆ボウリング・ダブルエックス「フタバボウル 泉大津店」

ボウリング・ダブルエックス のショッピング

最寄りのプロショップに置いていない ボウリング・グッズ は、
ここで探してみてくださいね。きっと見つかるはずですよ。

ボール シューズ バッグ その他グッズ

システム協力 楽天市場 様

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村
ランキングサイト ボウリングカテゴリー 投票ボタン


この記事を読んで、おもしろかった, ためになった, 次も読んでみたい 等 と感じた方は、ぜひクリックしてください。


【関連する記事】
posted by GX-9901-DX at 23:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大佐殿と合同訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。