2011年07月16日

AKB48メンバ が JPBAプロテスト に挑戦していた! (たとえネタでも真剣にがんばりました編)


「前回の続きだ。今回の話題は、AKB48メンバ の一人 宮澤佐江 が、2011年 JPBAプロテスト に挑戦していた という事にしたのだったな。」

「やっとわかっていただけましたか、大佐殿…。」

「私としては、アイドルとして売れている AKB48メンバ が、いきなりプロボウラーになろうと考えたとは思えん。どうせTV.局か芸能プロダクションが仕掛けたネタであろう。」

「私もそう思います。」

「確か、JPBA女子プロテストを受験するためには、AV.180以上である事を認める趣旨の、プロボウラー二名からの推薦状が必要だったはずだな?」

「そのとおりでございます。」

「JPBA女子プロテストの合格ラインは AV.190。受験した AKB48メンバ 宮澤佐江 は、趣味でボウリングを続けていたりして、AV.180 とまではいかずとも、そこそこの腕前はあったのであろうな?」

「いえ、ボウリングが好きなのは確からしいですが、ごく普通の女子大生レベルであった様です。ちなみに、受験当日の成績は、第1球目にストライクを取って、やる気は見せたものの、二日間で 24ゲーム, AV.129.54, ストライク 48個 で、ぶっちぎり最下位の惨敗だった模様です。」

「なにい! どういう事だ? そんな一般庶民並みの実力である女兵士をプロテストに推薦したプロボウラーの顔が見たいわ!」

「大佐殿、女兵士ではなくて AKB48 でございます。」

「そんな事はわかっている。誰が推薦したのだと聞いているのだ。」

「それが、ネット上の情報によると、JPBA が誇る大女子プロボウラー 杉本勝子プロ が指導していた様です。実質は推薦状無し、特別枠での受験だったのでしょうね。」

「どうせ話題作り、ネタ作りが目的なのであろうから、受験当日に特別扱いをせずに、取材も他の受験者に十分配慮して行われたのなら、目くじらを立てる程の事は無いと思うが、本来ならば、プロボウラーの指導の元で、一定期間の猛特訓を行わせて、せめて AV.150 程度に成長させてから、受験させるべきだったな。」

「私もそう思います。」

「まあ、受験した本人は、スケジュールが空いていない中で、それなりに練習して頑張って投げたのであろうから、私としては健闘を称えたい。自分の実力がプロテスト合格ラインにほど遠い事は、本人もテスト前にわかっていたはずだ。にもかかわらず、最後まで完投したのだから、それなりに頑張ったという事であろうな。」

「せっかく頑張ってくれたのに、いまいち世間に知られなかったのは、少し気の毒でございましたけどね。」

「ところで少し話は変わるが、もし貴様のところに AKB48メンバー にプロボウラーテストを受験させたいので、手取り足取り指導して欲しいという話が来たら、どうするか?」

「えっ、そうですね…。」

「答えを早く聞いてみたい気がするが、今夜も眠いから、続きは次回だ。」

AKB が 47匹 … AKB が 48匹 … AKB が 49匹 … ZZZ…

「あれ? 48匹を超えていますけど、いいんですか?大佐殿…。」


◆JPBA HP.

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村
ランキングサイト ボウリングカテゴリー 投票ボタン


この記事を読んで、おもしろかった, ためになった, 次も読んでみたい 等 と感じた方は、ぜひクリックしてください。
ボウリング・ダブルエックス のショッピング

最寄りのプロショップに置いていない ボウリング・グッズ は、
ここで探してみてくださいね。きっと見つかるはずですよ。

ボール シューズ バッグ その他グッズ

システム協力 楽天市場 様



【関連する記事】
posted by GX-9901-DX at 05:04| 大阪 ☀| Comment(16) | TrackBack(0) | ひとりごと… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
だめな指導者につくとこうなる見本、反面教師。 本人もだめだが、指導がもっとだめだった。
Posted by ちゃっき at 2011年07月17日 04:37
今、アメリカン6ゲーム 1980円ボールでアベ207.5だしてきました。 私のUFOボール完成にちかずいたきがする。 以前の半分くらいのパワー、その他マイナーチェンジ。 不思議だ パワーを使わないほうがいいみたい。ボウリングは奥が深くて実に面白い。 女子サッカーのように プロになることに執念と執着心をもっていどみたいと思います。
Posted by ちゃっき at 2011年07月19日 14:32
ちゃっきさん こんばんは。

UFOボールの完成は近いですか? パワーを使わない方がいいように感じるのは、UFOボールに限らず、フックやストレートでも同じかもしれません。野球の解説でも良く言っていますが、キレ というやつです。これで勝負した方が、投球数が多い場合には安定した成績が残せると思います。

ちゃっきさん には、なんだか執念の様なものを感じます。うまく自分をコントロールして一歩ずつ歩めば、大願成就出来そうな気がしますよ。


Posted by GX-9901-DX at 2011年07月19日 23:20
そうか、これがキレというやつですか、すばらしい解説ありがとうございます。納得です。 これを磨いていきたいです。私のUFOは、台湾のUFOとストレートの真ん中くらいの我流であみだしたものです。
Posted by ちゃっき at 2011年07月20日 03:49
球のキレ というのがボウリングの奥義なのかもしれませんね。 これに早くきずいたもの勝ち。 キレを意識したことなかったもんで。
Posted by ちゃっき at 2011年07月20日 04:17
球のキレを意識して投げだしてから、3ゲームに1度は220−230でるようになった。もうすぐキレをマスターできそうだ。楽しくて最高です。 ラウンド1の1980円12ポンドボール1個ですよ。
Posted by ちゃっき at 2011年07月22日 03:44
キレ をマスターできたようだ、絶好調。 10月までにいつでもどこでもアベ200以上 になって、大会でまくって優勝するぞ。楽しくてしょうがない。 
Posted by ちゃっき at 2011年07月23日 05:31
ちゃっきさん 本当にすごいですね。三ゲームに一度は220超えですか? ぜひ試合に沢山出てくださいね。他流試合だと思って、複数個所の試合に出場すると、良い修行になるでしょう。

ボウリング場主催の試合は、そのボウリング場に特化した競合が沢山いるもので、すぐに優勝出来るかどうかはわかりませんが、そこそこは戦えると思いますよ。何度もチャレンジして対処して行けば、優勝や表彰台が転がり込んでくる日が必ず来るでしょう。

実は私、現在、球のキレが無い状態に苦しんでいます。少々体調不良が続いている様で、へろへろボールが多いです。今日の訓練では、第2ゲーム初めに、頭のイメージに体の動きが付いて来なくなり、三回ほどこけそうになりました。技も大事ですが、体調も大事なんですね…。
Posted by GX-9901-DX at 2011年07月23日 21:55
変なサイクル、ここ10回ほど、220−230、180台、190−200 というパターンです。 なんか笑える。でも楽しい。切れのあるUFOは最高です。 まだ9割ほどのマスターですが。 どこのボウリング場でもOKです。場所がかわったらだめなんてきのぬけたことはやってません。
Posted by ちゃっき at 2011年07月24日 05:02
切れを意識するまでは、220−230はせいぜい6ゲームに1回それもまぐれっぽいやつでしたが、今は違います。球技は球のきれが大事なんですね。 追伸、私も先週 軽いふらつきがなおらず、病院にいくと、体のつかいすぎ ボウリングのしすぎといわれました(笑 しばらく体をやすめるようにと薬をもらい、ドクターストップ、いまは治って好調。体をこわすほどボウリングが好きなんです。(笑
Posted by ちゃっき at 2011年07月24日 05:14
もう少し自信をつけて、ボウリング番長やってみますか。これってどうですか。
Posted by ちゃっき at 2011年07月24日 05:17
ちゃっきさん こんばんは。

ROUND1 ボウリング番長、少しお金がかかるので、ボンビーな私はやって無いのですが、これを気に入ってやっている方は良く見かけます。

ひとりでボウリングの練習を行う事が多い方には、疑似対戦を行っていただけるのでお勧めします。どんなスポーツでも、対戦が無ければもうひとつ面白くないですからね。

ちゃっきさん の場合は、人間相手の試合を、よりお勧めしたいですが、カードを作って試しにボウリング番長をやってみるのはいいのではないですか? 初回5ゲーム無料とか、あったとか思いますよ。



ついでに…

> 場所がかわったらだめなんてきのぬけたことはやってません

この言葉には、いつも考えさせられるものがあります。今のボウリングは、ボール性能とレーンコンディションに振り回され過ぎている感は確かにあります。まあ私としては、出ないコンディションの時は、それなりに点数を出して、対戦相手に対応力で上回ればいいというくらいに考えています。相対的に勝てる様に、いつも最善を尽くすという事ですかね。点数が出なかったのは合わないボールとレーンコンディションのせいだったかもしれませんが、試合に負けたのは、相手よりも対応力が劣っていたからという事です。

最近引退した大物プロボウラーが、「一個のボールでストライクもスペアも取れなきゃプロじゃない!」みたいな発言をされていたようですが、ちゃっきさん の発言に、ちょっと似ていますよね。
Posted by GX-9901-DX at 2011年07月24日 22:10
1個のボールで勝負 は大賛成です。 ま、プロはともかくアマでもスペア用と2個もってるひといますが、そういうのに限って腕はたいしたことない。(笑 だめな指導者のせいでしょうか。 1個のボールでがんばるから技術も身につくのではないでしょうか。 ボールにたよってはいけません。私は一生一個です。 また2フレをのぞいて全部ストライク、パーフェクトにもっとも近い男(笑
Posted by ちゃっき at 2011年07月30日 05:36
ちゃっきさん こんばんは。

私は、ボール1個で戦うのも、沢山で戦うのも、人それぞれだと思いますので、どちらも否定いたしません。

ただ、無制限に使えるというのもどうかとは思っています。プロの試合では、会場に10〜20個近くのボールを持ちこんで、試合中はレーン移動可能な4〜6個程度でなんとかしているプロが多いと思いますが、試合中に使用できるボールの制限は、スペアボールを含む4個程度にした方が、ボール選択を含む技術力の差が出て、少し違った結果となって、面白いと思います。

プロの試合で、予選下位に沈んだプロのスコアが全て公開されているものがありますが、下位のプロ(AV.170前後)と決勝に残ったプロ(AV.200前後)の実力差が本当にこんなにあるのかと疑問に思う事があります。下位のプロの中には、お金が無くてボールを3個程しか持っていなくて、対応できずに沈んだ人もいるのかもしれません。残ったプロは、対応できるボールをたまたま持っていただけなのかもしれません。

まあ、1個だけでコンディションに関係なく、結晶の常連となる高い成績を出す事が出来れば最高ですが、そういう人はプロボウラーの中にもほとんどいない(零かも?)と思います。


話は変わりますが、私は UFOボール もそうですが、もうひとつの有望な変則投法である 両手投げ にも興味があります。これをマスターすれば、スピードと回転力がフックボールを大きく上回り、すごい成績が出せるかもしれません。
Posted by GX-9901-DX at 2011年07月31日 21:40
UFOボール 97%のでき あと少し。 自分のストライクのでやすいスピードと回転(感覚)をなげこんでつかむだけ。 これでどこでもアベ200以上いけます。 6ゲーム1セットで必ず9ミス3回以上。これをなくせばアベがまたあがる、スペアメイクも課題です。5番ピンとれなかったら あほと自分にいっている(笑
Posted by ちゃっき at 2011年08月06日 03:53
ちゃっきさん こんばんは。

私もスペアが最大の課題なのですよね、10ピン が。

センター主催試合の時にはオイリーコンディションが多いので苦にならないのですが、普段の練習や職場ボウリングリークでは、ドライコンディションの場合が多いので、曲がり過ぎて外す確率がかなり高いです。スペアボールとして使用している ROUND1 キャンペーンボール がやわらかめ硬度(道具の問題?)でありますので、ある程度は仕方ないのかもしれませんが、もう少し球質をストレートに近づける事が出来ればと思います(自分の腕の問題 こちら重要)。

ちなみに 5番ピン は、大佐殿の最大の敵らしいです。

Posted by GX-9901-DX at 2011年08月16日 01:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。