2014年07月10日

「振り子スイング」


「振り子スイング」

振り子スイング は、利き腕の肩を支点、腕を糸、ボールを重りとイメージして、振り子が重力に任せて動く様なイメージで、腕を振ってボールを投げる事です。

振り子スイングは、ボウリングの基本中の基本のひとつと言われています。

特にハウスボウラーの場合は、これを知っているのと知らないのでは、大きな差となります。どうも力が入ってコントロールが定まらない、ガターが多い、AV.100を突破出来ない、という人は、ぜひ振り子スイングを意識して投げてみてください。

うまく出来ないと思う人は、ファウルラインの手前に立って、ボールを持って何往復かブランブラン振り子スイングして、一歩助走で投球して、感覚を掴むと良いでしょう。

7歳位の子供でも、振り子スイングを実践出来れば、AV.100を突破する事は容易です。

振り子スイングの他に、フリーアームスイングと言う言い方をする場合がありますが、前者は肩が動かないイメージであり、後者は肩をはじめとする体が動いている事も考慮されており、厳密には意味が異なります。



にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村
ブログランキング 投票ボタン



ブログランキングならblogram
blogram
ブログランキング 投票ボタン



ボウリング・ダブルエックス のショッピング

最寄りのプロショップに置いていない ボウリング・グッズ は、
ここで探してみてくださいね。きっと見つかるはずですよ。

ボール シューズ バッグ その他グッズ

システム協力 楽天市場 様










posted by GX-9901-DX at 22:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ボウリング用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。